日々のこと

重要な役割のみぞおち

梅雨はどこに行ってしまったの?って感じで暑い日が続くと、内臓の働きが正しく働かなくなってしまうことがあると思います。

 

内臓の働きを調整する自律神経。

 

みぞおちには自律神経のカタマリ「太陽神経叢」があります。

 

太陽神経叢は第二の脳ともいわれるくらい重要な場所なんです。

 

武士が切腹をする場所でもあり、ここには「霊魂と愛情の宿るところ」といわれていた。

 

また、この辺りに副腎がありアドレナリンを放出します。

 

アドレナリンが放出されると、全身から冷や汗が出たり緊張で体が固まったりします。

 

恐怖や不安などの感情は、おなかから出て全身に広がっていくようになっています。

 

腹圧との関係していて、強い腹圧がかかるほど自律神経の機能が冴えて、鈍ってくると自律神経失調症になってしまう傾向があるようです。

 

重要な役割のあるみぞおちを、呼吸で動かすと効果的です。

 

呼吸は体液やエネルギーの循環を良くしてくれます。

 

夏場でもお腹は冷えやすくなるので、大切にしてあげましょう。

 

2017-07-16 | Posted in 日々のことNo Comments » 
Comment





Comment