呼吸について

ハートを開いてあるがままの自分を受け入れる

ハートは愛や喜び、信頼などのプラスの感情のほか、悲しみや怒りなどのマイナスの感情と深く繋がっています。

 

ハートが開いている状態のときはプラスの感情を感じ、閉じている状態のときはマイナスの感情を感じています。

 

ハートが閉じるとエネルギーの流れも滞ってしまい、悪循環になってしまいます。

 

またハートが閉じたままだと思考中心になり、ハートで感じることも少なくなってしまっています。

 

呼吸でハートを開きエネルギーの循環を促します。

 

ハートを開くことで自分の感情に正直になり、自分に対しても相手に対しても優しくなれるような強さが持てるようになります。

 

以前の私はハートを閉じることが安心だと思い込んでいましたが、ハートを開くことで自分自身との繋がりも強くなり自信を持つことも出来ました。

 

自分を癒すことで、周囲の人も癒すことが出来るようになります。

 

自分のハートを愛で満たすことで他人に愛を分け与えることが出来ます。

 

ハートを開いて自分ネガティヴな感情もポジティブな感情もそのまま感じることで、あるがままの自分を受け入れましょう。

2017-07-06 | Posted in 呼吸についてNo Comments » 
Comment





Comment