施術について

体に溜まったエネルギーは病気の元になります

今日は中学生のお客様のN様でした。

 

サッカークラブに所属していたのですが、両膝に怪我をしてからサッカーが出来ないようになってしまったようです。

 

怪我をしてからはあまり外で遊ぶ機会も減り、家でゲームをして遊ぶようになってしまったようです。

 

体を動かすことが減ってしまったため、感情のエネルギーが体に停滞しているのを感じました。

 

体に感情のエネルギーを溜めすぎてしまうと、エネルギーは圧縮され行き場をなくして固まったり爆発します。

 

このようなエネルギーは、チャクラや関節、筋肉に停滞して違和感や痛みを感じるようになります。

 

運動をして汗をかいたりすると、体に溜まったエネルギーが流れるので、気持ちが良く感じたり心地よい疲れを感じます。

 

一度溜まってしまったエネルギーは体を動かすだけでは全てを流すことは難しいので、体のメンテナンスは大事になってきます。

 

メンテナンスを続けてエネルギーの溜まりにくい体にしていきましょう。

2017-02-20 | Posted in 施術についてNo Comments » 
Comment





Comment