2017-06

敏感に反応するHSPだから自分を理解する

HSPという言葉をご存知でしょうか?

Highly Sensitive Person

(ハイリー・センシティブ・パーソン)

 

普通の人よりも、外からの刺激に敏感に反応してしまう。

 

例えば、普通の人ならさほど気にならないようなレベルの音でも耐え難くなってしまいます。

 

また、人混みが苦手だったり、夜に寝られなくなったり、ちょっとしたことで過敏に神経が反応し興奮してしまいます。

 

私も人混みや電車で周りに刺激され、気分が悪くなってしまったり、ひどく疲れたりすることがよくあります。

 

そんな時は睡眠を十分とることで回復するので、人混みや電車に乗った後はしっかり睡眠をとるように心がけています。

 

デメリットだけでなく、メリットもあり普通の人には気づきにくいミスや間違い、リスクなどを事前に気づいたりできます。

 

相手の心理状態に敏感なので、接客や営業など、相手の心を察することが重要な職業で力を発揮されるようです。

 

敏感になり過ぎて相手の感情に共感してしまい、自分の感情か相手の感情かが区別出来なくなることも。

 

そういう時は、自分と相手の境界をきちんと持つことで、相手の感情に振り回されたりすることがなくなります。

 

自分と相手の境界を持つために、自分自身をしっかり知ることがとても大切ですね。

 

呼吸を意識することで自分自身と繋がり相手を理解できるようになってきます。

 

私は日々まったく意識していませんでしたが、呼吸で自分自身を知ることができ、呼吸の素晴らしさを実感しています。

2017-06-29 | Posted in 日々のことNo Comments » 

 

楽しみながら生活をすることって大事です

先月は毎週末にセミナーが続き、とても疲れましたが充実していました。

 

いつでも学ぶということは、とても楽しいですね。

 

セミナーで講師の方も「楽しむことで自分自身のエネルギーがパワフルになる」と言っていました。

 

私は今回のセミナーで、エネルギーを感じることでワクワク楽しい気持ちになっていることを再確認できました。

 

ワクワクして楽しむと自分のエネルギーも大きく広がりますし、心がポジティブで安定した状態になっていました。

 

また、楽しい気持ちになると交感神経と副交感神経のバランスも整っていきます。

 

気分がワクワクしていると、幸せホルモンのセロトニンがたくさん分泌され姿勢筋の働きを良くしてくれ、痛みの調節もしてくれます。

 

心が安定することで体も良い状態に保てるようになります。

 

不安や緊張、焦りなどを感じているときは、心が落ち着いていないことが多いと思います。

 

心を落ち着かせるには呼吸をすることが大事になってきます。

 

呼吸を意識することで自分と向き合い自分自身の状態を知ることも出来るようになります。

 

自分自身と向き合うことは、成長につながりワクワクしてきませんか?

 

どんなこともワクワク楽しみながら生活することって大事ですね。

2017-06-13 | Posted in 日々のことNo Comments » 

 

心身を調整する呼吸

梅雨の時期は雨や曇り空で、体や気分もスッキリしない日が増えるのではないでしょうか?

 

また、天気だけでなく気温の変化も体や心に影響を与え不快に感じたりします。

 

天気や気温の変化は、私たちの内臓や血管の働きをコントロールする自律神経に影響してストレスを感じさせています。

 

夏に近づくと冷たい飲み物をたくさん飲んでしまう機会が増えたりすると内臓の働きが悪くなってしまったりします。

 

内臓の働きが悪い時や気分がスッキリしないような時には、呼吸を長くゆっくり吐くことで自律神経を整えることができます。

 

また呼吸で自律神経を整えるだけでなく、肩こりや首こりにも効果がありますし、リラックスに関わるセロトニンの分泌を促し心が落ち着いてもきます。

 

不安を感じたり緊張しているときは呼吸が浅くなっていることがあるので呼吸に意識して状況を変えることが出来ます。

 

さらに、呼吸だけを意識することで頭の中を空っぽに近づけることも出来ます。

 

呼吸法は目的によっていろいろ方法がありますが、まずは継続していくことが重要です。

 

体や気分がスッキリしない時やイライラとした時、緊張している時には呼吸を意識してみると大変効果的ですよ。

 

人生を変えるとも言われている呼吸を意識してみて心身を調整していきましょう。

2017-06-11 | Posted in 呼吸についてNo Comments »